包茎手術の費用で後悔するな!包茎手術の入門編

包茎手術の費用で後悔するな!包茎手術の入門編 -

後悔の少ない低リスクな包茎手術・治療法

切らないで包茎手術をする方法

包茎手術と言えば、メスを入れる手術が一般的になりますが、メスを入れる場合にはリスクが生じる恐れがあります。かたち形を決めてメスを入れた場合、その傷跡が残ってしまう危険があるからです。

そうすると、やり直しをするのが難しく、自分の希望していない形になった場合には後悔する可能性が出てくるでしょう。これを避けるためには、切らない包茎手術をするのも1つの方法になります。

後悔の少ない切らない包茎手術にはいくつかパターンがありますが、そのうちの1つが糸で縫いつける方法です。包茎手術をする前の段階で、皮が余っている部分を測定しその余っている部分を縫うことが必要になります。糸で縫うため、傷跡がつきにくくメスで切るほどの痛みが伴わないため安心の治療方法です。

このやり方の場合には、半永久的に包茎の状態が解消されるわけではなく、定期的に糸を入れ替えなければいけません。すると、持続期間もそれほど長くなく半年に1度は手術をすることになります。

ヒアルロン酸を注入するやり方

安全で安心できる後悔の少ない治療方法として、ヒアルロン酸を注入する方法があります。この製剤は、美容整形外科などでよく利用されているもので、例えば法令線のしわなどをなくすために用いています。

もともと人間の体内にはヒアルロン酸と呼ばれるものがあり、これが不足してくるとシワになりやすいためヒアルロン酸を注入します。陰茎の部分に注入すると言うよりも、先端の部分に注入していきます。

先端の部分にヒアルロン酸を入れたときの効果としては、皮が亀頭の部分まで到達しないため、そもそも包茎自体にならないと言う理屈です。

後悔の少ない包茎手術の方法ではありますが、糸を縫い付ける方法と同じように、半永久的にこの効果が持続するわけではありません。

ヒアルロン酸の場合には、半年から1年を機に注入をして亀頭を大きくすることが重要です。費用も一万円から2万円程度と安く、包茎手術の中では負担が小さいのも特徴です。

まとめ

包茎手術をするならば、後悔をしないような方法を選ぶのが良いでしょう。後悔の少ない包茎手術の1つは、メスを入れずに糸で縫いつける方法です。余った皮の部分を縫い付けることで、包茎の状態から脱することができるでしょう。
もう一つの方法は、ヒアルロン酸を陰部に注入することです。ヒアルロン酸を注入する部分は、亀頭の部分です。この部分に注入する理由は、ヒアルロン酸を注入することで亀頭を大きくしておけば、川が亀頭の部分にこないため包茎の状態から抜け出すことが可能になります。

包茎手術の口コミにありがちな後悔した内容とは

包茎手術後の抜糸が痛すぎて後悔

包茎手術は簡単に言ってしまえばペニスを包み込む皮を短く切除する手術内容です。そのため切除した皮と皮をつなぎとめる必要があるため糸でつなぎあわせます。

包茎手術を行う際には局部麻酔をするため痛みは感じられませんが、包茎手術を行ってから大体1から2週間後におこなう抜糸の際は、通常は麻酔をかけることがありませんので痛みが生じます。その痛みは人それぞれで、全く痛みを感じないという人もいれば、痛くて仕方ないという人もいます。

例えるのが難しいですが、虫歯の治療を麻酔なしで行うようなものと例えた人もいます。後悔先に立たずとはいいますが、ある程度痛いものだと認識したうえで包茎手術をするようにしましょう。

ある程度痛いものだと覚悟してから手術をするようになると心の準備ができ、心にも余裕が感じられるようになりますので心理的に余裕が生まれます。何も準備しないと後悔する事になってしまいますので、予め心の準備が大切です。

見た目もばっちりなのに感度がアップしなくて後悔

男性のペニスの感度には個人差があります。全く感じない症状を持っている人もいれば、触られてほどなく射精に至るぐらい敏感な男性もいます。特に感じにくい人は、ペニスを包む皮のせいにしてしまいがちです。

もちろんそれが原因の場合もありますが、絶対ではありません。感じにくくなった原因や内容を確認する事が手っ取り早いのですが、一言で原因といっても日々のストレス、生活習慣や運動不足に食生活などあげればキリがありません。

ですが後悔ばかりしても仕方ありませんので、そんな時は包茎手術で得られた自信を糧にしましょう。自信過剰なくらい自信をもっていれば自然と感じるようになってくるものですよ。病は気からというように、気持ちももちようで何とでもなってくるものです。

正直包茎手術を受ける前に手術後の感度を確かめる術はありませんが、どうなるにせよ見た目がよくなった自分のペニスの姿を想像して自信を持つ事が大切です。

まとめ

今も昔も男性は女性によく見られたいと切に感じている生き物で、ペニスの大きさや見た目を気にする男性が多いですが、女性は男性が思っているほどペニスについては気にしないものです。とはいうものの自分のペニスを見て自信をつけられる事も確かですので、包茎手術をすることで自信が持てるのであればやっておいて損はないはずです。大切なのはリスクをきちんと把握していかなる結果になろうとも自信を持つことです。そして女性を満足させられたら素敵ですね。

包茎手術後の仕上がりにがっかり…後悔したこととは

色の違いで後悔してしまう

包茎手術の中には糸を使用して固定する形のものもありますが、それよりもメスを入れて余分な皮を切除してしまう方が多いはずです。ただその際にしっかり確認しておかないと、後悔することになりかねません。

ありがちな後悔は見た目の問題で、切除した部分が目立ってしまうことです。男性器は根元が茶色味を帯びていて、先端になるにつれて黄色やピンク色に変わるというグラデーションとなっています。そしてそのグラデーションの中間を切り取ってしまうと、色が特定のラインでくっきりと変わった状態になります。それがいわゆる包茎手術でのツートンカラーで、術後のトラブルとして珍しいことではありません。

シルエットだけ改善できれば問題ないという人にとっては気にならない点ですが、包茎手術を受けるような人は色も意識する場合が多いでしょう。包茎手術を受けたことを隠したいのに、性行為の際にパートナーに気付かれてしまうなどで後悔する人もいます。

感度の面で後悔することも

また包茎手術を受けるような人は、性行為をより満足したものにしたいという希望を持っている場合も少なくないでしょう。男性器の中で高い感度を司っているのは先端部分の皮で、亀頭が露出した状態だと窪んでいるところのすぐ下に位置します。包茎手術ではその部分も切除する候補に入り、実際に取り除いてしまうと感度が下がる恐れがあります。

そのリスクを下げるためには、性器の先端付近ではなく根元の部分を切除する方法が有効で、根元はグラデーションの変化も少ないので色の問題も比較的抑えやすいです。皮を短くする点には変わりないので、デメリットにはなりにくいはずです。

先端部分を切除した術後になってからそのことに気付いては遅いので、あらかじめしっかり下調べしておいた方が良いでしょう。医師と相談する場合は、いくつもの方法を提示してもらうことが大切です。そういったリスクをしっかり説明できるかどうかは、選ぶ際の判断基準にもなります。

まとめ

一口で包茎手術といってもその種類は非常に多く、料金も異なります。そして安さばかりを追求すると後悔する出来になってしまうかもしれません。また医師の技量も大きく関係してくるため、慎重に選ぶ必要があります。原則としてメスで切除してしまえば元の状態に戻すのは不可能で、見た目であればまだしも感度が減ってしまうとずっとそのままだと考えて良いでしょう。一度包茎手術を受ければそれで長い間維持できるため、焦る必要はありません。

後悔先に立たず。包茎手術で包皮を取って感度激減?

包茎手術で後悔するのは失敗した場合のみ

性行為のときあっという間に射精してしまう男性は、包茎であることが多いです。包皮を被っていると亀頭が刺激を受ける機会が少なく、小さな刺激を受けるだけで射精を招くわけです。余分な包皮を取ったら感度が減退したという男性がいますが、亀頭が露出している状態が本来の姿だと考えてください。

包茎と早漏はセットで生じることが多く、特に真性包茎の男性は注意しましょう。包茎手術で包皮を除去すれば一時的に感度が鈍くなると感じるかもしれませんが、持続時間がアップする、射精するタイミングを調整できるなど、数多くのメリットを期待できます。

包茎手術に失敗すれば後悔するでしょうが、成功したのに後悔するという人はまずいません。包茎手術で亀頭が露出すれば、通気性の改善によって雑菌繁殖をブロックし、恥垢の発生や臭いを抑えられます。ほかにも先端が細くなっている陰茎を改善し、周囲長を延ばすなど多くのメリットを期待できるのです。包茎よりも亀頭が露出した陰茎のほうが、性生活の面でよいのは間違いありません。

後悔するのは手術に失敗したとき

包茎手術により感度が減退するケースはありますが、激減する可能性は小さいです。快感に対して極端に弱く、1~3分で射精する状態は早漏と呼ばれています。パートナーが性行為を避けてくる場合は、包茎や早漏・勃起不全などが関係していることが多いです。包茎手術は早漏や勃起不全などもあわせて解消できることがあり、手術に成功すれば後悔はありえません。

後悔するとすれば技術が未熟なクリニックで包茎手術を受けて、傷口が非常に目立つ状態になった、くっきりとしたツートンカラーになった、包皮に突っ張りを感じて痛い、などのトラブルを招いてしまった場合です。

包茎手術は高難易度の治療ですから、実績の少ないクリニックで治療を受けるのは避けてください。無料修正手術に対応していないクリニックを利用して失敗すると、別のクリニックで修正手術を受けることになります。そうなれば再び料金が発生してしまい、予期せぬ出費を招くことになります。

まとめ

数多くの魅力がある包茎手術は、受けて後悔を感じることは通常であればありません。常に包皮に包まれている陰茎は衛生的とは言えず、雑菌を増殖させる要因になります。包茎手術で包皮を取れば感度が激減すると考える人がいますが、大きく減退することはないです。過度に敏感になった亀頭を強くし、気持ちに余裕をもって性行為を楽しめるようにしてくれます。包茎手術を受けて後悔する事例といえば、手術に失敗した場合でしょう。これは腕のよいクリニックで手術を受ければ防げる問題です。